金剛流 潤星会ロゴ

潤星会について

ごあいさつ

about_img

純星会 20周年記念にあたって

いよいよ二十周年を迎えることになりました。
長い間、会を支えて下さった方、故あって退会された方、苦楽の一部を
共にして参りました。深く感謝申し上げます。
十年十五年前、次のような文章を残しています。
その気持ちは今でもいささかも変わっておりません。

同じ空を目指す帰鳥は、同じ木に巣くうという意味の言葉があるそうですが、
私たちの間にはこうした因縁があるのかもしれません。
私たちは人間の根元的なもの、喜び、苦しみ、悩み、恐れ、怒り、恋、愛など
能を通して体験してきました。
いろいろな人生を体験してきたことになります。
この意味で同じ人生を歩む仲間と言えるのではないでしょうか。

私たちは避けられない「高齢」の路をたどっていきます。
それは「気力」との戦いだと思います。
「生き甲斐」となれば申し分ないのですが、この「気力」との戦いのための道具として
「この路」を知ったことを幸いに思います。
短い人生を長く生きるには、能の他はないと考えます。
今後とも皆さんとご一緒に歩き続けたいものと念願してやみません。
末尾にて恐縮ですが、ご協力下さいました流友の方々、
東京金剛会の先生方に深く感謝申し上げます。

山田純夫

プロフィール

山田純夫

シテ方金剛流能楽師。能楽協会会員。東京金剛会在籍。
1937年に鹿児島県にて生まれる。
金剛流ニ十五世宗家金剛巌、ニ十六世宗家金剛永謹、
奥野達也に師事。1960年に入門し、
「石橋」「道成寺」「安宅」「望月」「卒都婆小町」等を開曲。

1985年 アマチュアの会『純星会』設立
1992年 玄人会(プロ)『潤星会』設立
金剛流による能会や国立能楽堂主催公演等、
関東を中心とし舞台への出演を務めている。
また、能楽ワークショップを行うなど、
能の普及活動にも力を入れている。

profile1

山田伊純

金剛流能楽師 金剛流宗家直門。
公益社団法人能楽協会会員 京都能楽会所属
五歳稽古始め。6歳「百萬」子方にて初舞台。
幼少期は東京公演の子方に多数出演。

2007年 金剛宗家内弟子入門
2008年 能『猩々』初シテ
2011年 住み込み修業始メ
2013年 能『石橋 和合連獅子』被キ
2016年 3月末、5年間の住み込み修業を終える
      4月に独立を許され、宗家より頂戴した芸名
    「伊純」に改める
     能楽協会京都支部、京都能楽会に入会

2017年現在 能楽講座「能よりまなぶ」の活動を始める
        登竜門の一つ 能「乱」を披く予定

毎年祖父 山田純夫主催潤星会にて能を務める。

同志社大学文学部国文学科卒業

profile2

金剛能楽堂 ニ十六代目金剛流宗家金剛永謹のホームページ。
金剛能楽堂での催し予定や、チケット販売等がご覧になれます。
能楽協会 能楽協会による公式ホームページ。
能楽とは何か、曲目の紹介ならびに各地能楽堂の案内等。
能楽に関することであれば、こちらからお探し下さい。
檜書店 主に能・狂言等の書籍を扱う書店のホームページ。
金剛流の謡本や能楽関連図書の案内等。
NHKの毎月の能楽放送予定も見られます。
ティーエージー株式会社 ホームページ制作。
ティーエージー株式会社のホームページ。